〒111-0025 東京都台東区東浅草1-18-4 関口ビル1階  TEL:03-6671-5289 FAX:03-6321-6862

ブログ

♡侭田日記♡

はい♡侭田です。私9月1日より環境整備アドバイザーに就任いたしました~(^O^)/ 主婦目線で生活援助を振り返り、必要なことなどのアドバイスを行う役目です。やりこなせるか心配ではありますが、頑張るぞ~(^◇^)

夏も終わりです

ケアサービス福寿草 柳澤です。今日から9/1 夏も終わりですね、最近涼しい日が続いております。すっかり秋になりました。でも最近は9月いっぱいまでは夏だった気がするのですが・・・。やっと平常な季節なんですかね~。熱帯夜で眠れない日々から解放され、気分も爽快です。

9/1といえば防災の日、関東大震災のあった日ですね。2011年3.11も悲惨な災害でした。あの日から災害についてはいろいろ考えさせられます。つい最近では広島の土砂災害も悲惨なものでした。いざという時に何ができるか、日ごろからの備えは肝心ですね。ケアサービス福寿草では災害に備え、防災グッズや非常食、避難経路の確認など、防災担当委員を決め取り組んでいます。

♡侭田日記♡

はい♡侭田です。久々の投稿です。侭田日記といいつつ、月記、そのうち年記になるのでは・・・。ブログを投稿してとせかされるのですが、基本パソコンが苦手なんです。侭田日記よりも、お仕事の日報が毎日てんてこまい、なかなかパソコンにはなれません。それでも練習、極力侭田日記を続けていきたいと思います♡

ブログファン

ケアサービス福寿草 柳澤です。会社の決算があり、昨日は会計士がお越しになられました。福寿草ブログを面白く拝見しているとのことです。ブログを書き込んでも見られているのかなと不安でしたが、見てくれている人がいるとうれしくなります。これからもよろしくお願いいたします。

求人

ケアサービス福寿草 柳澤です。 尿管結石から解放、体調もばっちりです。(^O^) 毎度毎度恒例の福寿草求人です。ケアサービス福寿草では新しいヘルパーさんが2人増えました。新しい仲間が増えるとうれしいですね。これからの活躍に期待です。ヘルパーさんはまだまだ募集をしています。浅草地域は高齢者が多く、介護を必要としている人がたくさんいらっしゃいます。訪問介護はとても楽しいお仕事です。どしどしご応募お待ちしております。m(__)m

やっと解放

ケアサービス福寿草 柳澤です。 みなさまの応援のおかげで、やっと、やっと尿管結石が放出となりました。(>_<) 地獄の苦しみからついに解放です。ご心配おかけいたしました。(^O^)/

暑中伺い申し上げます

ケアサービス福寿草 柳澤です。みなさま暑さ対策はいかがでしょうか?暑い日が続いていますね。ご高齢者の方は毎年熱中症、脱水と体調が心配です。ご高齢に限らず、外を自転車で走るヘルパーさんも熱中症など心配です。帽子、水分補給、適度な休憩と体調管理にお気を付けください。ちなみに私は脱水、熱中症などではなく、尿管結石なるものに侵されてしまいました(;O;) ものすごい激痛です。33年間で一番の激痛を味わっています。早く石っころの野郎が出てくれることを願うばかりです。

ゆうたJAPANの生活

            ケアサービス福寿草のゆうたです。

            先日、「痰吸引の研修」に行ってきました。

            会場は新宿エルタワーの30階。

            眠気も吹っ飛ぶ展望でした。

2014 0806 121722-DSC01694

暑い暑い

ケアサービス福寿草 柳澤です。暑い日が続きます。夜も寝苦しくてなかなか寝付けない日々が続いていますが、何とか乗り越えたいと思います。 毎度のことながら、ケアサービス福寿草では訪問介護員を常に募集しています。訪問介護のお仕事はとても楽しいです。一度話だけでも聞きに来ていただけたら幸いです。

ゆうたJAPANの生活

ケアサービス福寿草のゆうたです。

連日暑い日が続きますね~。

訪問介護はとにかく移動が多いので、

暑さ対策をきちんとしないと

すぐ体調を崩してしまいます。

帽子・水分・タオル・・・

忘れると大変です。

全国の同業者の皆さん、

今年も無事に、夏を乗り切りましょう!

 

とうとう仕事っぽいネタを載せたぞー!

8 / 18 ページ

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。ケアサービス福寿草 ご相談窓口 Tel.03-6671-5289  Fax.03-6321-6862

メールでのお問い合わせはこちら

新着記事

大阪研修報告
2018年3月02日(金曜)
article thumbnail 大阪の釜が崎での研修です。私たちは浅草の山谷地区で訪問介護をしていますが、貧困問題に関わることが多々あります。大阪でも同じような貧困問題があると感じましたが、また山谷地区とはちがった雰囲気でした。
↑ページトップへ